羽標本

スズメ目

【羽標本】ジョウビタキ

ジョウビタキの回収死体から羽標本を作りました。標本の羽と生体写真でジョウビタキの紋付がどの様に形作られているのかを観察。翼標本も用いて明解に説明。また、尾羽の色が部位によって色に違いがある事も解説しています。他種比較では、スズメとシジュウカラ、クロジの初列風切を比べました。
カモ目

【羽標本】カルガモ

カルガモの羽標本を作りました。次列風切の翼鏡が光る様子を角度を変えて観察しました。構造色によって色が変わるのはとても不思議です。動画も上げましたのでご覧ください。また、初列風切と次列風切、尾羽がどこに生えているのか?生体写真を使って詳しく解説しました。
タカ目

【羽標本】ハイタカ

ハイタカの尾羽で羽標本を作りました。生体の同定ですら難しいハイタカ属。尾羽だけで種が同定できるのでしょうか。実は模様や長さに特徴があり、類似種のオオタカやツミと見分ける事ができるのです、オオタカの尾羽と比較をしながら、識別ポイントを説明しました。
番外編

【羽標本】巣箱の中の巣材

巣箱の中で巣材として使用されていた羽を取り出し、羽標本を作りました。取り出しただけではくしゃくしゃで分かりにくかったですが、しっかりと洗浄する事で、ヒヨドリ 、キジバト、ガビチョウ 、カワラヒワ、メジロ、アオジと、なんと6種もの羽が使われている事が分かりました。
キジ目

【羽標本】コジュケイ

コジュケイの羽標本を作りました。羽は尾羽と体羽だけですが、尾羽をじっくり観察し、似たような尾羽を持つ種とも比較しました。特徴を良く観察してみましょう。体羽では、同じキジ目のヤマドリとキジとも比較しています。羽を拾った時の手引きになればと思います。
スズメ目

【羽標本】トラツグミ

トラツグミの羽標本を作りました。拾った羽だけで翼を再現しながら、白斑が入るメカニズムを説明しています。また、虎柄に見えるのは体羽の三日月斑である事も観察しています。このトラツグミの羽を使った、SKGのワークショップ様子も少しだけ掲載しました。
スズメ目

【羽標本】カケス

カケスの羽標本を作りました。まるで宝石の様だと呼ばれるカケスの羽をじっくりと観察します。ただの縞模様で無く、美しくグラデーションしている事が見て取れます。真っ黒に見える尾羽にも実は青い縞が入っています。羽を拾った時はしっかりと観察する事が重要です。
スズメ目

【羽標本】キクイタダキ

キクイタダキの羽標本を作りました。羽は次列風切と三列風切が中心であまり揃っていませんが、羽を見る機会は少なく、貴重な標本かと思います。その小ささを感じてもらう為、1円玉や他のスズメ目(ウソ、スズメ、メジロ、シジュウカラ)との比較写真も載せました。
チドリ目

【羽標本】ヤマシギ

ヤマシギの羽標本を作りました。食痕の回収ですが、風切から尾羽まで、主要な羽が一通り揃っております。尾羽先端を拡大して観察したり、変化球で全然違う種のヒヨドリとの比較などもしてみました。ヤマシギの羽が一通り見られる羽標本はあまり無く、貴重なものかと思います。
ペリカン目

【羽標本】ゴイサギ

ゴイサギの羽標本を作りました。成鳥の羽になります。ゴイサギの羽標本の情報は少なくて、これだけ数が揃っているのは珍しいかと思います。哺乳類の食痕の様で、羽柄や羽弁先端に欠損があるのが少し残念です。羽が大きくて台紙に貼るのにとても苦労しました。