【羽標本】カルガモ

カルガモ

Eastern Spot-billed Duck

Anas zonorhyncha

標本情報

個体No.1

回収時の状況

食痕

採取地

神奈川県秦野市

測定値[mm]

初列風切:145(P1) – 222(P9)
次列風切:130(S3) – 133(S1)
三列風切:-
尾羽:-

コメント

日本では一年を通して見られる、お馴染みのカモ、カルガモです。

カモ類としては珍しく、国内で普通に繁殖しているので、子育て姿をメディアで目にする事もよくあります。

カルガモ

 

さて、羽標本を見てみましょう。

カルガモの羽標本

初列風切、次列風切

うーん、褐色の羽衣そのままで、一見すると地味な羽ですね。

 

しかし、そんな事無いですよ。次列風切を良く見てみましょう。

カルガモ_初列風切と次列風切

外弁(がいべん)が構造色となってきらきら光っていますよね。

 

この次列風切を、角度や光の強さを変えて写真を撮りました。

そうすると、青にも緑にも変化していくのです。

カルガモ_次列風切の色変化

本当に不思議ですねー。

 

写真では光による構造色の変化が分かりづらいので、動画にもしてみました。

カルガモの羽:光による構造色の変化

 

この次列風切は、ここに生えていますよ。

カモ類に見られる、翼鏡(よくきょう)と呼ばれる、翼の輝く部分だったのですね。輝く外弁が何枚も重なる事で、翼の或る一面の様に見える翼鏡を形作っていたのです。

 

この翼鏡にも増して管理人のお気に入りの羽は、これです。

カルガモ_初列風切P10

一番外の初列風切(P10)です。

どうですか?見事な楔形で格好良く無いですか?

外弁は一様に極限まで細く、内弁はふっくらとしたカーブを描き、先端に向けて急激に尖る。

この風切で、カモ特有のヒュンヒュンという風切音を立てているのかと想像すると、見ていて飽きません。

 

先ほどの写真ですと、このP10を始めとした初列風切はここに生えています。

カルガモ_初列風切P10

 

この標本個体とは違いますが、手元にカルガモの尾羽がありますので、風切と比較してみましょう。

カルガモ_初列風切_次列風切_尾羽

カモ類は風切が長い割に、尾羽は短いですね。

 

飛翔中の様子を見ると、この短い尾羽が重なって板の様になっている事がわかります。

カルガモ_飛翔中の尾羽

カルガモって、翼は立派なんですけど、尾羽はミニスカートの様に申し訳程度しかなくて、なんだか可愛らしいですね。

 

ついでに、初列風切、次列風切、三列風切も図示してみました。

カルガモ_飛翔中の風切と尾羽

各風切の境目がなんとなくお分かり頂けるかと思います。

 

実はこのカルガモの標本は、管理人が翼の一部を拾ったものです。拾った時は土汚れと、たかったアリンコが酷くて持ち帰るのを一瞬躊躇しましたが、立派な羽標本になって感無量です。

羽標本になるまでの話は、以下の記事でレポートしていますのでご覧ください。

【前編】カルガモの翼を羽標本にする前処理
拾ったカルガモの翼を、羽標本にする前処理までを記事にしました。全3回の前編です。今回は拾った翼を仮洗浄して、乾燥するところまでやります。土埃やアリが酷くて大変でしたがバケツの水でジャバジャバやって、とりあえず見られる様になりました。

 

 

羽のバックヤードは手軽なweb羽図鑑になれる様、日々活動しています。

質問やご意見がございましたら、ページ下部のコメント欄か、TwitterのDMからお気軽にどうぞ♪

参考ページ

 

参考文献

当サイトの参考文献一覧はこちらからどうぞ。

コメント