【羽標本】シジュウカラ

シジュウカラ

Japanese Tit

Parus minor

標本情報

個体No.1

回収時の状況

食痕

採取地

群馬県北部

測定値[mm]

初列風切:48(P9) – 61(P6)
次列風切:44(S6) – 52(S1)
三列風切:-
尾羽:55(T1) *その他は羽柄欠損の為未記載

コメント

シジュウカラは住宅地から公園、森林まで広く生息していて身近に見られる鳥です。我が家の庭にも巣を作った事があり、とても身近で大好きな鳥の一つです。

シジュウカラ

 

黒いネクタイがトレードマークのシジュウカラです。羽標本を見てみると、風切や尾羽は主に白黒である事がわかります。しかし、よく見ると青や緑っぽい色が見え隠れしています。

シジュウカラの羽標本

初列・次列風切、尾羽、雨覆

 

風切は黒が主体ですが、内弁の縁が白いのが見えます。

シジュウカラの風切

 

そして、外弁の縁も実は色が入っています。分かりやすく為、背景を黒にすると、初列風切には白色、次列風切には黄緑色で縁取られているのが見えます。

シジュウカラの風切

 

次に尾羽を見ていきましょう。中央尾羽から最外尾羽まで、色のバリエーションは様々です。グレー、濃いグレー、青っぽいグレー、そして白と、部位によって組み合わせが変わりますが、基本的に2色構成です。

シジュウカラの尾羽

 

シジュウカラの翼には白い帯が入っているのはご存知でしょうか。実は、次列風切の根元に生えている大雨覆(おおあまおおい)の先端の白色が重なって、この白い帯になっているんです。

 

羽はどの部位もヒヨドリと同じスケスケの類です。裏に何か置くと透けて見えるのがわかりますね。

 

シジュウカラの羽は個体数の割りに拾う機会は多くありません。実は沢山落ちているのかも知れませんが、羽の小ささと色が暗い事から見つけにくくなっているのかと思います。小さな羽は土や草の上だとなかなか気づく事ができませんね。

このような小さな羽でも意外と見つけやすい場所は、公園の舗装路脇です。舗装路ですと、背景に溶け込まないので見つけやすくなります。野鳥の集まる木の道などを注目して歩いてみてください。

また、登山道などに設置されている木道は、雨上がりになると小さな羽が水で張り付いていたりしますので、穴場です。雨上がりのシチュエーションでは気にしてみてください。

 

 

羽のバックヤードは手軽なweb羽図鑑になれる様、日々活動しています。

参考ページ

 

参考文献

当サイトの参考文献一覧はこちらからどうぞ。

コメント