【羽標本】フクロウ

フクロウ

Ural Owl

Strix uralensis

標本情報

個体No.1

回収時の状況

死体回収(ロードキル)

採取地

秋田県藤里町

測定値[mm]

初列風切:175(P10) – 295(P6)
次列風切:185(S11) – 220(S1)
三列風切:- (換羽中の為未掲載)
尾羽:210(T6) – 255(T1)

 

省略記号と羽の順番

標本に記載している省略記号と羽の順番については、こちらからどうぞ。

省略記号
当サイトで採用している、羽の省略記号について説明をしています。
羽の順番
当サイトで採用している、羽の順番の数え方について説明しています。

 

フクロウについて(簡単に)

夜の鳥の代表選手といえばフクロウ類。

フクロウ類の中でも最も身近なのがフクロウです。

フクロウ

 

フクロウは留鳥で、里山に近い平地や山地で見られます。

もっとも「見られる」のは稀で、もっぱら声を聞くというのが多いかと思います。

春から初夏にかけて、夕暮れ時から「ホッホー、ゴロスケホッホー」と鳴き始めます。

フクロウの声が響き渡る里山

フクロウの声が響き渡る里山

 

他に似た声も無いので、存在を知るという意味では夕暮れ時が分かりやすいです。

 

逆に昼は森でひっそりと休んでいるので、見つけるのは至難の技。

フクロウ

こんな状態で見つけるのは無理というものです。

 

羽標本の観察

それでは羽標本を見ていきましょう。

初列風切

 

 

フクロウ類の羽は特徴があって、羽弁の表面がふわふわと毛羽立っています。

触るととっても手触りが良いんです。

フクロウの毛羽立ったふわふわの羽

 

また、初列風切の外弁の縁がギザギザしています。

これはセレーションという特徴で、外側の初列風切(P8〜P10の辺り)ではっきりと確認する事ができます。

フクロウのセレーション拡大

 

フクロウは夜行性。

同じく夜行性の哺乳類、ネズミなどを捕食するのですが、静まりかえった森でバサバサと音を立てて飛んでいては、狩りは成功しません。

フクロウは音を立てずに飛ぶための進化として、このふわふわの羽とセレーションを手に入れたのです。

 

まず、羽がふわふわしていると羽ばたいたときに翼がこすれる音を軽減する事ができます。

 

そして、セレーションは翼が空気を切り裂く時に小さな渦を作って、音をかき消しています。

 

実際に夕暮れ時にフクロウが自分の目の前を通り過ぎるのを見た事があります。

フクロウはカモぐらいの大きな鳥ですが、バサバサという羽ばたき音をほとんど感じさせず、とても不思議に思ったのを覚えています。

夕暮れ時に飛ぶフクロウ

夕暮れ時に飛ぶフクロウ

 

 

羽の模様

羽の模様は縞々が無数に重なった迷彩柄です。

次列風切、三列風切(換羽中)

 

樹木の木肌に似ているので、動かなければなかなか気づかないんじゃ無いでしょうか。

 

尾羽

尾羽はちょっと面白いです。

中央尾羽(T1)だけ何故か明らかに模様が違うんです。

フクロウの尾羽

風切も尾羽も基本的に似たような縞模様ですが、中央尾羽だけはモザイク柄といった方が良いかもしれません。

単体で中央尾羽を拾った時は要注意です。

 

 

 

フクロウ類に関するうんちくは、こちらの本が参考になります。

子供向けで優しく書かれてありますが、内容はフクロウ類の生態や種による特徴など、幅広いです。

鳥好きの大人でも知らないうんちくが満載でお勧めです。

 

 

羽のバックヤードは手軽なweb羽図鑑になれる様、日々活動しています。

質問やご意見がございましたら、ページ下部のコメント欄か、TwitterのDMからお気軽にどうぞ♪

 

生体写真について

今回もフクロウの生体写真は、私の所属するはだの野鳥の会の会長、八木茂さんにお借りしました。

フクロウは声を聞くことは出来ても、姿を見るのは難しい鳥。

写真に収めるのはもっと大変かと思います。

貴重な写真を快くお貸し頂きありがとうございました。

はだの野鳥の会
創立40年の「はだの野鳥の会」と活動内容を紹介します。秦野の野鳥100種を選定しました。
相州食文化研究ー秦野のかりんとう 秦野の野鳥
秦野の農家で古くから作られてきた特徴有る「かりんとう」(秦野かりんとう)の食文化のルーツを探る活動と、百名山単独登山や丹沢登山、百名山の鳥、丹沢の鳥、秦野の野鳥を中心とした山と自然の活動記録です。

 

参考文献

当サイトの参考文献一覧はこちらからどうぞ。

参考文献
羽標本を作る上で、羽の事や野鳥の事を調べる事は欠かせません。私が日頃から大変参考させていただいている文献やサイトを紹介しますね。

 

コメント