【羽標本】カケス

カケス

Eurasian Jay

Garrulus glandarius

標本情報

個体No.1

回収時の状況

食痕

採取地

不明だが神奈川県近辺と推定

測定値[mm]

初列風切:134 – 157
次列風切:124 – 133
三列風切:70(Te3) – 106(Te1)
尾羽:-

コメント

登山道など、ある程度標高のある森でよく見かけるカラスの仲間、カケスです。

針葉樹に潜んでいる事が多いので、姿よりも、ジャーという声でその存在に気づく事が多いです。

カケス

いつも暗い所にいて、なかなか良い写真を撮らせてくれません。

 

さて、羽標本を見てみましょう。

カケスの初列風切、次列風切、三列風切

初列・次列・三列風切

ちょっとおっかない見た目とガラガラ声とは裏腹に、カケスの羽は羽好きで無くても憧れの対象になっているかと思います。

その理由はこれ。

カケスの初列風切、次列風切、小翼羽、雨覆

 

この宝石のような輝きを放つ縞模様です。

白、青、黒の美しい縞模様は、グラデーションしながら見事に切り替わっている事がわかります。

カケスの初列風切、次列風切、小翼羽、雨覆

この宝石の様な羽を拾えば、家宝物と言われる程、その模様は素晴らしいです。

 

特に雨覆と小翼羽は、模様の面積が広くて思わずうっとりしてしまいます。

カケスの小翼羽、雨覆

 

 

羽標本には尾羽がありませんが、単体で拾った尾羽が手元にあるので、こちらも見てみましょう。

カケスの尾羽

 

一見真っ黒な羽に見えますが、よく見ると根本に薄く縞々が入っている事が分かります。

カケスの尾羽

人間にはほぼ見えないような構造色での模様ですが、人間より目の良い鳥達にはしっかり見えるのでしょう。隠れたお洒落ですね。

 

実は管理人がこの尾羽を拾った時、何の羽だか全く想像が付きませんでした。(クロツグミかなぁとか。)

ですが、縞模様に気づいた時にすぐにピンと来たのを覚えています。

なんだか良く分からないような黒い羽でも、よく観察すると特徴を発見する事ができます。

羽の同定には観察が重要ですね!

 

 

羽のバックヤードは手軽なweb羽図鑑になれる様、日々活動しています。

質問やご意見ございましたら、ページ下部のコメント欄からお気軽にどうぞ♪

 

参考ページ

参考文献

当サイトの参考文献一覧はこちらからどうぞ。

コメント