【WordPress】XFREEから、さくらインターネットへのサーバー移行 〜前半〜

サイトを開設したばかりですが、実はサーバーを引越ししました。

XFREEから、さくらインターネットへのWordPressのサーバー移行を検討されている方向け、兼備忘録として、経緯や作業履歴をまとめます。全2回の投稿の1回目です。

 

羽や野鳥とは全く関係のない、webサイト運営のためのスレッドですので、興味のない方はスルーしてください (^^;

 

経緯

これまで使用していたサーバーはXFREEです。

無料レンタルサーバー【XFREE(エックスフリー)】
無料レンタルサーバーの【エックスフリー】は、「HTMLサーバー機能」「WordPress機能」「PHP・MySQLサーバー機能」の3つのプランから選べます。

 

無料で利用できるので、とても気軽にwebサイトを開設できるのはとてもありがたい事ですが、今後サイトを育てていくことを考えると不安や不満があり、引越しを決意しました。主な不満・不安点は以下です。

 

不満・不安点

  • SSL対応していない。

ショッピングサイトをしている訳ではないですが、「安全ではありません」の表示を出しているのは精神衛生上、気持ちの良いものではありません。また、https化はインターネット界全体の流れという事なので、当サイトも流れに乗ろうかと。

 

  • モバイル表示の時、バナー広告が表示される。

管理人にとって不本意な広告は入れたく無いのが本音です。

 

  • 利用制限のあるphp関数がある関係で、使えないプラグインがある。

EWWW Image Optimizer:写真の位置情報を自動で消すツール
All-in-One WP Migration:引越し用のバックアップを取るツール

 

  • 容量は2GBで、将来を考えると不安でしかたない。

 

サーバー選定

webに大変詳しい知人に聞きながら、以下候補を検討しました。

最終的にはさくらに決定しています。

 

XSERVER

XFREEの有料版であり、実績面で安心。簡単移行ツールがある。料金が比較的高い。ヘルプサイトが充実している。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバー【エックスサーバー】稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る高品質レンタルサーバーです。月額990円(税込)から利用可能。まずは無料お試し10日間。

 

WordPress.com

本家のブログ用サイト。料金が比較的高い。セキュリティ面で安心感がある反面、使えるプラグインやテーマに制限があり、また不満が出そう。なによりサーバー移行と同時にテーマを変えるのは大変。

WordPress.com: 無料のサイトやブログを作成
WordPress.com に登録すれば、無料のサイトやブログを簡単に作成できます。カスタマイズ可能な何十ものモバイル対応デザインやテーマをすべて無料で利用できます。ホスティングとサポートも無料です。

 

さくらインターネット

老舗サーバー。価格も割安。独自の移行ツールは無い。ヘルプはあまり充実していない印象。知人の使用実績が多い。

さくらインターネット
レンタルサーバーやクラウドなど、ホスティングからハウジングまで幅広いデータセンターサービスを提供し、皆さまのインターネットとビジネスをつなげます。

 

ロリポップ

あまり調査できていませんが、価格対機能はさくらに劣るかと思いました。

ロリポップ!レンタルサーバー
ホームページ運営なら、ずっと使えるレンタルサーバー「ロリポップ!」簡単、多機能、充実サポート、高速性能で、初心者から商用サイトまで安心してご利用いただけます。WordPress、EC-CUBEもたったの60秒で設置可能。まずは無料お試し10日間。

 

引越し方法検討

引越し先をさくらに決定したものの、その道のりは簡単ではありませんでした。

データ引越しの方法の選択肢を4つ挙げます。

 

方法1: プラグイン使用でのデータ移動

WordPressのデータ移動用プラグインとして定評のある、All-in-One WP Migrationを使ってデータ移動を試みました。

プラグインは動くものの、バックアップデータを正常にダウンロードする事ができません。ダウンロードファイルは生成されるものの、容量が3KBと非常に小さいものでした。正常なファイルでない事は一目瞭然です。ユーザーフォーラムに使用できない旨の記載がありました。

XFREE(エックスフリー) ユーザーフォーラム

 

→この方法はNG。

 

方法2: 自力でデータを移動

以下ツールを利用して各々のデータを移動しましたが、うまく表示させる事ができませんでした。wp-config.phpの設定はやったのですが、うまくいかず。.htaccessも弄ったのですがだめ。データベース設定がNGだったのかもしれません。

  • サーバーデータ:FTPツールの、FileZillaを利用
  • データベース:レンタルサーバーが用意している、phpMyAdminを利用

 

参考にしたサイト

【WordPress】半月に3回サーバー移行した管理人がまとめた「完全手順マニュアル」!これで移行も怖くない!
 みなさん、サーバー移行してますか? ビーバーは先日の移行で、本年度3回目のサーバー移行を終えました。 業務で ...
WordPressのお引っ越し。手動でサーバー移行する手順
WordPressを新しいサーバーへ移したい? WordPressを引っ越しする方法は以下の2種類あります。 1. プラグインを使い「自動で」サーバー移行 2. プラグインなしで「手動で」サーバー移行 今回...

 

→この方法はNG。(技術的にはできるのかも知れませんが、素人の私にはできませんでした。)

 

方法3: 全てを書き直す

完全に力技です。まだコンテンツが少ないのでやってやれない事はありませんので、最終手段として考えていました。しかし、後述する方法4でうまく移動できたので実施していません。

 

方法4: XSERVERの簡単移行ツールを経由する

今回移行先のサーバーはさくらと決定したのですが、あえて一時的にXSERVERにデータを移行する方法です。

XSERVERはXFREEと同じ会社(?)ですので、XSERVERが提供する簡単移行ツールで移行できない訳はないと推測。しかもXSERVERには10日間はお試し期間があります。このお試し期間中にXSERVERにデータを移した後、All-in-One WP Migrationを使ってさくらへ移動する事を考えました。

 

→いくつかの苦労ポイントはあったものの、結果成功!

 

実際の作業手順は後半で  >>

 

羽のバックヤードは手軽なweb羽図鑑になれる様、日々活動しています。

コメント